盆栽知恵袋

〜水遣り編〜

盆栽を育てるために一番大切なことは「水遣り」です。
水がないと盆栽は枯れてしまいます。
しかしながら、盆栽だからと言って難しく考える必要はありません。
基本的には「土が乾いたらたっぷりと水をあげる」これだけです。お花や山野草を育てるのと大差ないですね。

それでは、盆栽を育てる基本的なことをお伝えしていきます。

常に湿った状態で水遣りをすると根腐れの原因になります。

土の表面を濡らす程度では水を吸収しきれません。

バケツに水をため、30分くらいドブづけにして根を回復させてあげましょう。

 最初の内は、この基本を守りながら土の乾くタイミングを見極めましょう。タイミングが分かれば毎日同じ時間に水遣りをするよう心がければ安心です。
水遣りをマスターして楽しい盆栽ライフを送りましょう!

盆栽の様子がおかしい時や、
分からない事がありましたら
お気軽にご連絡ください。

〜日当たり編〜

●植物は日光浴が大好きです。日当たり風通しのよい屋外に置いてあげましょう。

●ただし、「雑木盆栽」の場合は、夏の西日は日当たりがきつすぎる場合があります。このような時は午前中は日があたり、午後は日陰になるような半日陰の環境においてあげましょう。どうしても半日陰の環境がない場合は、「寒冷紗」と呼ばれる遮光ネットを張り %程度遮光してあげます。

●基本的に屋外管理ですが、インテリアで飾りたい場合には、何本かの樹を3日間ほどでローテーションさせましょう。
あまり期間が長すぎると元気がなくなってしまうので気を付けましょう。


〜 盆栽教室のご案内 〜

盆栽を上手に育てていくには、普段の水遣り以外にも「剪定や植え替え」など季節のお手入れが発生します。大樹園では盆栽教室を行っていますので、興味のある方は下記ページで日程をご確認ください。

日程はこちら

盆栽教室

日本盆栽協会岡崎支部 会員さん向けの盆栽教室

岡盆サロン

月に一度、大樹園の作業場を開放している日です。ご自分の盆栽を持ち寄り、季節の手入れなどをご自分で行います。サボってしまいがちなお手入れも、みんなで集まればお互いにアドバイスしあいながら楽しく作業出来てしまいます。
会員さん限定の投げ銭式です。

岡盆 盆栽教室

月に一度、持ち込んだ盆栽を講師からの指導をもらいながら手入れしていきます。盆栽を育てていくなかで、日頃からの疑問、質問も解決します。会員さん以外の体験や、見学も大歓迎です。
会員さんは1000円、非会員は2000円。

個人・少人数レッスン

盆栽教室やサロンの日に来れない方も、個人や少人数のグループで指導を受けることが可能です。料金は1時間あたり2000円+材料費です。