2012/6/19
芽切りはじめました。

今日は台風に備えて棚から盆栽をおろしたり、しっかり固定したりと大変な一日でした。
さて6月も半ばになり、いよいよ芽切りが始まりました。
基本的には大きな木から始めて、だんだんと小さなものに手を付けていくことになります。
ということで、私の芽切り第1号はこちらの黒松です。

写真は葉透かしも終わっていない状態で、ここから芽切り→葉透かし→切り込みと同時進行で行っていきました。



<芽切り前>

<芽切り後>
小さく弱い芽は切らずにおいておきます。
逆に強すぎる芽も切らずに残しておき、1週間から10日程ずらして改めて芽切りを行います。
これにより2番目の長さが均等になるようにする狙いがあります。

写真のように鋭利なハサミで水平に切ることが基本です。
斜めにハサミを入れてしまうと均等に芽が吹かず、芽が揃わなくなることがあるので注意が必要です。
<すべての作業終了後>
芽切りは作業後の姿ががらりと変わりとても綺麗になるので、やっていてとても楽しい作業でした。
またこの作業の結果、秋ごろには芽が揃っているだろうか?どんな姿になっているだろうか?などと想像するととても楽しみでもあります。